Peach | experience

ブランド体験価値を向上させるプログラム

2012年に就航したPeachは、全く新しい概念の航空会社を目指し、日本におけるLCC市場を牽引しています。2018年、バニラエアとの統合を発表し、国内だけでなく、アジアをリーディングするLCCとして、その成長を世界が注目しています。

CLIENT

Peach Aviation

Overview

日本初のLCCが
直面した課題

2015年、PeachとAKINDとのブランド・マネジメント協働体制がスタート。社内にブランド・マネジメント・グループ(BMG)を新設し、ブランド体験を設計し、実現化させるプログラムがスタートしました。

ISSUE

LCCが進行するなかで

Peachは、創業以降、前例がないスピードで路線数を拡大しています。しかし一方で、国内外のLCCが日本の空にも列挙し、その競争は激しさを増しています。そこで、改めて基本となる顧客体験を見直すことが求められました。急成長だからこそ、一人ひとりの顧客体験が、他のエアラインよりも違い、選ばれる理由になるために何が必要かを、改めて問い直すタイミングが訪れました。

APPROACH

ブランドチームが
ハブとなってつなぐ

私たちと協業を続けてきくれたPeach社内のブランドチームが活躍しています。ブランドチームが社内のハブとなり、カスタマージャーニーをベースに顧客満足を推進する社内チームとの連携、また具体的なお客様との接点である空港サインの再開発など、計画段階から、実行、クリエテイティブ開発まで一貫した管理監督を推進してくれています。また2020年には、社内向けのVIガイドラインをオンライン化することで、 各データの管理、提供を簡易にすることで、資産としてのブランド管理にも大きく寄与しています。

Achievement

進化し続けるLCC

AKINDによるエクスペリエンス・プログラムは、Peachが選ばれるエアラインであるための差別化要因を明確にし、それを実感できる体験プログラムを具体的なものとします。また一連のプログラムは社内のチームと取り組むことで、ノウハウを伝授し、会社の大きな資産とすることができます。



Team

Design
UMA/design farm

Illustration
Nuttapong Daovichitr | PRACTICAL Design Studio | ubies

Contact us

お仕事のご相談、取材のご依頼、AKINDに興味のある方は
「SEND A MESSAGE」より、お問い合わせ内容をご記入ください。
折り返しご連絡させていただきます。