Strategy

物語性のある
ブランド戦略の構築

一般的にブランディングは、プロモーションやマーケティングと混同されています。プロモーション戦略は、瞬発的な売上や認知達成を目的とした短期的な戦略であり、マーケティング戦略は、市場に合わせて商品・流通・コミュニケーションを最適設計することで売上増加を目的とした短中期的な戦略と定義できます。
一方でブランド戦略は、より中長期的なアプローチとして位置付けられ、ブランドの戦略的資産の価値を高め、独自性の基盤となる社内文化を醸成し、最終的には「競合との差別化」「固定客の囲い込み」「高利益の確保」というマーケティングやプロモーションでは実現し難い目的を達成することが求められています。

AKINDでは、常に組織の原点となる企業哲学や中期経営計画に基づいた、ブランド戦略構築に努めています。私たちは「人間中心(Human-centered)」のアプローチを重視しています。戦略を実行するのは、あくまでもスタッフ一人ひとりであり、戦略の結果を享受するのもユーザー一人ひとりです。
そのため、ブランド指針の策定の際は、経営陣から現場スタッフまで、時には株主も含め、何度も対話を繰り返し、事業定義や立ち位置(Definition)、成功後のあるべき姿(Vision)、その現在と未来をつなぐ戦略的使命(Mission)の明確化を実施します。

AKINDでは、社会性・人間性・事業性の三方から定義された独自価値を中核に、顧客体験に関わるエクスターナルな戦略と、文化醸成に関わるインターナルな戦略を一体で構築します。私たちが描く戦略は、ブランドに関わる全ての人々がブランドの存在意義に共鳴し、あるべき姿が実感できる、物語性を大切にしています。

関係者ヒアリング

Stakeholder Interview

ブランド指針の決定に関わる経営陣及び、運用に関わるメンバーへのヒアリングを通じて、ブランド意識の現状把握。

競合・参考事例調査

Benchmark Research

対象となる市場や直接競合の現状を把握。ブランド指針やビジネスモデルの参考となる国内外の事例を調査。

課題抽出

Issue Identification

ヒアリングや調査の結果に基づき抽出された意識のギャップや共通点、課題の共有。

ワークショップ

Brand Proposition Workshop

コアメンバーとの議論を通じた、ブランド指針の検証。

ブランド指針策定

Brand Proposition

ビジョン・ミッション・コアバリューなどの明文化。

ブランドプロミス策定

Brand Promise

独自価値を届けるための約束や企業の行動指針を明文化。

ブランド戦略構築

Medium-term Brand Strategy

ブランド価値を磨き届けるためのポジショニング仮説・中期計画・施策案の策定。

ポートフォリオ戦略構築

Brand Portfolio Strategy

所有する複数のブランドの位置付けや関係性を体系化し、ブランド間の相乗効果を高める戦略構築。

Contact us

お仕事のご相談、取材のご依頼、AKINDに興味のある方は
「SEND A MESSAGE」より、お問い合わせ内容をご記入ください。
折り返しご連絡させていただきます。