Management

実行・分析・改善・計画を重ねる
ブランド運用

ブランド・マネジメントの成功の鍵は、社内の体制づくりです。どれだけ素晴らしい戦略や計画を策定しても、部門を横断した取り組みが実現できず、活動が継続的に実行できなければ、机上の空論となります。

顧客体験は部門間のシームレスな繋がりから生まれるため、部門間の隙間を埋め、相乗効果を高めることがブランド運用の鍵です。また、短期的な売上を追い求めるあまり見落とされがちな、組織内の文化醸成やファン育成をサポートすることが、中長期的にブランド資産を最大化し、企業理念を基礎とした中期経営計画の推進を実現します。

ますます環境変化が激しくなる時代において、ブランド運用には、実行(Do)しながら、分析(Check)し、改善を行い(Act)、計画(Plan)に反映する運用プロセス(DCAP)が重要です。ブランド運用では、デザインの監修から、新規事業の企画、他社とのコラボレーションなど、どこまで融通を利かせ、何を守るべきかという高度な経営判断が求められます。こうした多様な課題に対して、クリエイティブな戦略とマネジメントで、日々の運用をサポートするのがAKINDのブランド運用サービスです。

ブランドチーム構築

Brand Team Building

ブランド・マネジメントを担当する社内チーム構築をサポート。体制づくり、人材の選定、部門横断の仕組みづくりなどのアドバイスを実施。

ブランド会議運用

Brand Management Meeting

社内チームと共に日々のブランド運用を推進する定例会議のファシリテーション。課題に応じた部門横断型の分科会の実施と、ブランド施策の実行支援。

ブランド・コーチング

Brand Management Coaching

社内チームやリーダーに対して、ブランド・マネジメントに必要な判断基準を身につけるため、「クリエイティブ × 戦略 × マネジメント」の3つの専門領域でコーチングを実施。

ブランド・マネージャー代行

Deputy Brand Manager

ブランド・マネジメントのリーダーとなる人材不足を一時的に解決するため、業務特化型のマネージャー代行業務の提供。

Contact us

お仕事のご相談、取材のご依頼、AKINDに興味のある方は
「SEND A MESSAGE」より、お問い合わせ内容をご記入ください。
折り返しご連絡させていただきます。