Identity

独自性の基礎となる
アイデンティティの確立

ブランド・アイデンティティを端的にロゴデザインと理解されがちですが、それはかなり狭義であり、本来の意味や役割とは違います。ブランド・アイデンティティとは、人がそのブランドと接点(コミュニケーション/商品 /サービス/組織)による経験の蓄積によって、頭で理解し(Rational)、心で感じ(Emotional)、そして腹落ちする(Gut-feeling)する直感的な独自性と私たちは考えています。

腹落ちすることで、文字通りブランドが体に染み込んだ状態となり、他ブランドへの乗り換えは難しくなります。そうした優位性を実現することも、ブランド・アイデンティティの目的の一つとなります。

AKINDは、ブランドが持つ多様な要素を物語性と共に紡ぎ、高度なクリエイティビティにより、視覚的・言語的・体験的にデザインへと昇華させます。精密に設計されたアイデンティティを実現するため、運用可能なガイドラインを策定し、独自性を高めるためのクリエイティブ開発をサポートします。

ネーミング&ロゴ開発

Visual Identity Design

ブランド・アイデンティティの象徴的存在となるネーミング、タグライン、ロゴデザイン、パーソナリティーの開発。

VIガイドライン

Visual Identity Guideline

ブランド表現の一貫性を管理し、クリエイティブ開発の起点となるロゴ、書体やカラーの使用方法、構成、禁止事項などのガイドライン策定。

ブランドブック

Brand Book

関係者にブランド指針をロジカルに共有し、エモーショナルな共感を促すためのコンセプト・ブックの開発。

デザイン評価

Design Audit

VIガイドラインに基づき評価・分析を行い、デザイン品質の改善を実施。

クリエイティブ監修

Creative Direction

既存のデザイン会社や制作会社に対する、指針、アドバイス、デザイン監修の実施。

Contact us

お仕事のご相談、取材のご依頼、AKINDに興味のある方は
「SEND A MESSAGE」より、お問い合わせ内容をご記入ください。
折り返しご連絡させていただきます。