Peach

LCCのブランド・マネジメント

2012年に就航したPeachは、全く新しい概念の航空会社を目指し、日本におけるLCC市場を牽引しています。2018年、Vanilla Airとの統合を発表し、国内だけでなく、アジアをリーディングするLCCとして、その成長を世界が注目しています。

CLIENT

Peach Aviation

Overview

日本初のLCCが
直面した課題

2015年急成長に対応ができるブランド体制構築の必要性から、PeachとAKINDとのブランド・マネジメント協働体制がスタート。社内にブランド・マネジメント・グループ(BMG)を設立し、エクスターナルとインターナルの両面から望む本格的なブランド運用に日々チーム一丸で挑んでいます。

ISSUE

猛烈な成長スピードの中で

Peachの成長は、IT企業並みの急激な成長であると捉え、通常のブランディング手法は通用しないと思考することから始めました。2015年当時は、前例がない路線数の拡大の中、新しいビジネスモデルの創造に挑んでいたPeachは、さらなる事業成長を見据え、加速度的に増加する人員との意識共有における課題を持ち、さらに日々更新される制作物の品質管理も属人的になりつつありました。

APPROACH

付き添い続けることが仕事

ブランドの次期成長期を見据え、創業時のDNAを基盤にアジアを見据えたブランドとしての方針づくりに取り組みました。株主から現場のCAまでの横断的なヒアリングやワークショップを何度も重ね、BMGのチームメンバーと共に独自価値やブランド・プロミスを規定しました。さらにPeachのブランド資産は「人」であるという井上社長の思想の元、部門横断型のブランド・ワークショップを導入。フロントラインでのブランドへの理解を高め、部門を超えたスタッフ間での交流を促進し、顧客視点で各自が課題意識を持つ文化の醸成を目指しています。

あふれ続ける制作物に対するデザイン評価を行い、コスト意識の高いPeach特有の条件を考慮し、コストを抑えながら品質を高める創意工夫のあるVIガイドラインを策定。Webバナーから空港サイン、イベントや商品に至るまで幅広いタッチポイントにおけるクリエイティブ監修を日々行なうことで、段階的にクリエイティブの質を向上させる仕組みを構築しています。

Achievement

進化し続けるLCC

AKINDによるブランド・マネジメントは、Peachの理想的なエクスターナルとインターナルを融合させるブランド体制を実現しています。長期的な視点による日々のブランド運用を実行し、アジアのリーディングLCCを目指すPeachのさらなる進化を下支えしていきます。関西を盛り上げ、日本を盛り上げ、そしてアジアを盛り上げる「アジアのかけ橋」として、唯一無二のビジョナリーなブランドへと期待が高まります。

Services

マネジメント

ブランドチーム構築
ブランド会議運用
ブランド・コーチング
ブランド・マネージャー代行

Team

Design
Sachie Nakamura

Videography
Ryo Noda | Apartment Film

Illustration
vision track

Web Design
Shunya Hagiwara

Contact us

お仕事のご相談、取材のご依頼、AKINDに興味のある方は
「SEND A MESSAGE」より、お問い合わせ内容をご記入ください。
折り返しご連絡させていただきます。