花の木農場のクリエイティブな実験室

September, 2014 from From Kagoshima

HANANKI FARMLAB | FARM BRANDING

3

鹿児島県大隅半島の雄大な自然の中で、40年以上、障がい者と共に農作物づくりを続けている「花の木農場(社会福祉法人白鳩会)」彼らのものづくりに共感し、自身の素材を用いた新しい食文化の創造を目指す実験の場「HANANOKI FARMLAB(花の木研究所)」を共に開発する。始めて農場を訪れてから、思想、作物、土地、そこに生きる人と触れ合うことで生まれたお店。小さいからこそ出来ることが、たくさん詰まったお店。僕たちは、この店をオーナーが愛し、お客様が通い、地域に根ざす店になるように、名付け親となり、店に化粧を施し、時に大工として、一緒にブランドを作り上げました。

BOOKSANDは、鹿児島県大隅半島の花の木農場でゆっくり、丁寧に育てられた豚と野菜を使用し、手間ひまかけて手作りしたポーク・サンドイッチのブランドです。「HANANOKI FARMLAB」の第一弾商品として「本を読みながら、片手で手軽に楽しめるサンドイッチ」というコンセプトを開発し、パッケージ・デザイン、メニュー・アドバイスを実施しました。

1
2
4
5
クライアント
花の木農場
ケイパビリティ
  • アイデンティティ開発
  • サービス開発
  • ストア開発
  • ブランド戦略
  • プロダクト開発