地元に愛される店

September, 2014 from From Sendai

和旬彩 あだん

logo

仙台の地に根付くこと40余年、和食を中心とした飲食店を経営し、数多の人材を輩出してきた大原飲食グループ。オーナーの料理に込めた想い、人材育成への理念、そして仙台としての遊び心。オーナーに秘められた「後世に残すべき独自価値」を新しい店舗開発を通じて、具現化しました。震災後に増加した全国チェーンの居酒屋と差別化を計り、地域のアイデンティティを随所に散りばめた店舗を開発。地元民が何度でも訪れたくなる、人を招きたくなる「地域に愛される」店づくりを実現しました。

1
2
3
4
5
クライアント
大原飲食
ケイパビリティ
  • アイデンティティ開発
  • ストア開発
  • ブランド戦略